公園のさくらねこたち2

SakuraCatsInThePark2-1


公園には大きな池があって、緑が一杯
都会の中とは思えない風景です
一説には100匹以上の猫がいるとのこと


SakuraCatsInThePark2-2


この猫ちゃんはとても人懐っこく、何度も足元にスリスリしてきました
やっぱり飼い猫だったのでしょうか


SakuraCatsInThePark2-3


この猫ちゃんは、警戒して近寄ってきませんでした
良く見るとお腹が大きく、妊娠しているようでした


SakuraCatsInThePark2-4


ルナ夫みたいに真っ黒け

あめぶらさんからもご指摘がありましたが、この公園の猫ちゃんたちは、ほとんどが避妊手術をされていて、耳が切ってあります
記事のタイトルを「さくらねこ」にしたのもそのため


SakuraCatsInThePark2-5


上の黒猫と一緒にいた、3匹の兄弟のうちの2匹が同時に爪とぎを始めました

ボランティアやNPOの方々が、TNR活動をされているようです
一匹一匹、大変な作業だと思います


SakuraCatsInThePark2-6


この時も男性の方が2人、エサをやりに来ておられました
エサやりに関する注意書きの看板が、沢山立ててあります
食べ終わって、一息ついている猫ちゃんです


SakuraCatsInThePark2-7


また別の黒猫です
舌がひっこみません良く見ると、目をケガしていますね
この猫ちゃんも、ずっと距離を置いたままでした


SakuraCatsInThePark2-8


何故かスコ座りしたこの猫ちゃんは、かなりの高齢のようでした
こんなフワフワの長毛の猫が、初めから「野良」だったとは考えにくいです


SakuraCatsInThePark2-9


とても幸せそうで「キレイ」な2匹を見ると、色々考えさせられます
スポンサーサイト




FC2ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ 猫雑貨@猫グッズカンパニー 人気ブログランキング

FaceBook

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おや、この白猫ちゃんは、耳のカットがない・・・
と思ったら、お腹が大きい・・・(汗)

猫にも個体差があって、警戒心の強い子だと、
なかなか捕獲がムズカシイと聞いたことが。
さらに、その警戒心が強い親に育てられた子猫も、
例外なく警戒心が強い猫に育つ、という・・・(汗)
何とかならないもんですかねぇ・・・。

Re: No title

そうなんでしょうねぇ。
捕まえるのも大変だと思います。

労力もお金も大変ですよね。
私達も何かお手伝いしないといけないんでしょうね(汗)

No title

私が行く大きな公園では大きなお腹の子を見たことが有りませんが
白猫さん今にも生まれそうな気配ですね~
色んな公園に外の猫を撮りに行きますが桜カットをしてるとホッとします
でもご飯を上げたくて掃除の人に目を気にしながらです
ホンの束の間、お腹を満たしてほしいです・・・・

家に入れた子たちは本当に幸せ者です
家の子と外で暮らす子は紙一重ですね
人懐こい子ほど家に入れる確率が高いです
考えさせられますね~

クニさん

現代社会、特に都会では本当の意味の「野良猫」って存在しないのではないでしょうか?
すべてが「捨て猫」だとしたら、問題はそちらの方がはるかに大きいです。
人間の「わがまま」であの猫たちが存在しているとしたら、私たちの罪は深いですね。

我が家の2匹が幸せそうにしているのを見ると、余計に感じます。
どうすればよいのでしょうか?
プロフィール

ルナひな

Author:ルナひな
 
「ルナ」2010年12月生(推定)
女の子っぽい名前だけど♂
我が家のリーダー

「ひな」2011年3月生(推定)
とっても甘えん坊の♀
落ち着いたマダム風

「もな」2015年7月生(推定)
2016年1月に我が家に
おっとりした静かな♀

黒猫カレンダープロジェクト
ルナひな動画
YouTubeに動画をアップしています


最新記事
リンク
ご連絡 ・ ご意見はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

sallyとcubのday by day

紀州 フェレット 愛好会

ニョろぐ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム